投資に対する初期費用やリスクを考えるべき

楽しく株主優待券をうまく使う方法

株主優待は現在では1300社以上の企業が取り入れている制度です。
株を所有していると配当があります。
その配当にプラスしてプレゼントがもらえるようなものです。
日本だけで行われている制度で、海外の株では株主優待は受けることができません。

その代わり、海外の株は配当を重視しています。
株の銘柄によってもらえる株主優待には違いがあります。
自社製品、食事券、宿泊券、買物券などが人気のある優待内容になります。
よく利用するお店などの食事券や買物券がもらえれば節約になりますし、普段使う洗剤や調味料などの自社製品をもらえれば更に節約につながります。

配当とは別にキャッシュバックをしてくれる株主優待もあり、現在では家計の節約に株を購入する主婦が増えています。
株主優待を利用して生活のほとんどを賄っている人もいます。

インターネットで検索すれば多くの主婦が株主優待について情報を発信していることからも、株主優待は主婦にピッタリな節約できる制度と言えます。

株を購入するときに銘柄を選ぶポイントは株価、配当、優待内容です。
配当が高ければ、株主優待でもらえる優待内容とともに利益になり家計の節約ができます。
優待内容が良くても株価が高ければ家計の負担になってしまうので、株価、配当、優待内容のバランスを考えて銘柄を決める必要があります。
銘柄によって、優待をもらえる条件が違うこともあります。

株の所有数だけでなく、所有期間も条件になっていることもあるのでチェックしておくことをおすすめします。

優待内容によっては、近くに食事券や買物券を使えるお店がなかったり、株価が高くて購入できないなどの問題が起きた場合は裏ワザを使うことで解決できます。
自分のライフスタイルに合わせた優待内容であるかが銘柄選びでは重要になります。
しかし、どうしても欲しい優待内容で配当が必要無いなら、株価が高くても少額で優待をもらうことができます。
手順も簡単なので、気になる人はやってみる価値がある裏ワザです。

株主優待を上手く使うことで節約することも可能

気に入った優待内容の銘柄があっても株価が高くて購入が難しいときに使う裏ワザは「クロス取引」「株主優待タダ取り」「つなぎ売り」と呼ばれています。
どれも同じ方法を使った合法な裏ワザです。
もちろん、誰でもできることなので主婦の人も大丈夫です。

クロス取引を始めるには、証券口座とは別に用意するものがあります。
それは、信用取引口座です。
証券口座を開くだけでは信用取引ができないので、信用取引口座を開く必要があります。
銘柄によっては信用取引ができないこともあるので事前にチェックしておくと良いです。
具体的には、「権利付き最終日」の市場が開く前に「現物買い」と「信用売り」を成り行き注文します。

翌日の「権利落ち日」に「現渡し」で決算すれば株主優待をもらうことができます。
同じ株価の購入と売却を同時にしているので損害はなく、掛かる費用は信用取引の利息と配当金の差し引き分の金額だけです。
ほとんどの場合が、この裏ワザをつかえば1000円以下で株主優待をもらうことができます。

株主優待には食事券、宿泊券、買物券などが人気になっていますが、有効期限があるので注意が必要です。
有効期限が過ぎてしまうと使えなくなってしまいます。
使う予定がないのなら有効期限内に金券ショップに売却するのも節約になります。

金券ショップなら、主婦でも気軽に売却できます。
有効期限が過ぎると売却もできないので、使う予定がないと判断したら早めに金券ショップに売却に行くことをおすすめします。
金券ショップには様々な株主優待が販売されています。

金券ショップで株主優待を購入するときには、有効期限を確認しておくと安心です。
主婦の強い味方の株主優待をうまく利用して、節約することを楽しみましょう。